専属専任媒介契約や一般媒介契約について

媒介契約専任媒介契約だけでなくその他にも様々な契約形態があります。
それは、専属専任媒介契約です。
専属専任媒介契約の特徴は契約を結んだ不動産しか仲介ができないことです。
また、報告頻度が専任媒介契約よりも高く設定されているので、より販売状況の透明化を期待することができます。
実際に宣伝活動も積極的に行ってもらうことが可能です。

その他の契約形態には一般媒介契約を挙げることができます。
一般媒介契約の場合は販売状況の報告義務がありませんが、それを選択することで得られる魅力もあります。例えば、購入者を幅広く募集できることです。
実際に一般媒介契約をすれば複数の業者と家を売るための契約をすることが可能です。当然、契約をする業者の数が増えれば増える程買手の数が増えることが予想されるので、買手を募れる可能性があります。また、複数の業者と契約ができることで業者間に競争が生まれる可能性もあります。もし競争を生まれ積極的に宣伝活動をしてくれれば売れる可能性も高くなるので、売り主にメリットがあります。

このように家を売る際の不動産との契約形態の種類によってそれぞれの魅力があり、売ることを検討している人それぞれで取りれたいメリットは異なるので、自分に合った契約形態を選択しましょう。


専任媒介契約について

契約形態は複数挙げることができますが、その一つに専任媒介契約があります。専任媒介契約とは売却をする人が他の不動産会社に重複依頼ができない契約形態のことです。もし家を売ることを検討している人は専任媒介契約を選択することで得られる魅力は複数あります。

販売活動の報告例えば、報告頻度が高めに設定されていることです。
報告内容は販売状況のことになります。
基本的に報告頻度が低いと今現在購入してくれそうな人はいるのかなどを定期的に知ることができないので、販売状況が不透明になるケースもあります。
一方で専任媒介契約は報告頻度が少なくないので販売状況の明確化を期待できます。

その他の魅力には積極的な販売活動を期待できます。実際に現在では不動産等の業者に直接売ることも可能ですが、魅力的な物件を所有している人の中には自分の設定した売却価格で手放したいと考える人もいます。そのような人の中には購入者を募り、売却をする人もいます。実際に購入してくれる人を探すためには宣伝活動などを行う必要があります。もし行わないと知ってもらえるチャンスが少なくなるからです。もし宣伝活動を積極的に行ってもらうことができれば、売れる確率が高くなることが予想されるので、家を売る人の中には専任媒介契約を選択する人もいます。


家を売る際の不動産会社との契約形態について知ろう

家の売却家を売ることを検討している人は少なくないです。
基本的に売る時には不動産を利用します。
不動産では賃貸サービスや物件の販売だけでなく、買取や仲介を行っているところもあります
実際に不動産を利用して物件を売ることで家を売る際にかかる手間を少なくできるので、利用するのが一般的です。

不動産を利用する人の中には家を売る際にかかる費用に関して気になる人も少なくないです。特に仲介手数料は売る時に多くの額がかかりますが、現在の不動産の中には直接買取をするところもあり、少ない費用で売却ができる可能性があります。では実際に売ることで得られる利点にはどのようなものがあるのでしょうか。

利点の一つに移住ができることを挙げることができます。実際に移住をする人は転勤などの理由だけに限らず、子供を自然の環境の中で育てたいと考える人や、今までとは違う環境で生活がしたいと感じる人もいます。持ち家であれば移住をする時は売る人がいます。売ることで引越し資金や新しい住居を購入する頭金などに充てることができるからです。また、所有する不動産を少なくすれば都市計画税などの軽減を期待することができます。

このように家を売る利点は複数ありますが、通常家を売る時は不動産と契約をするのが一般的です。契約には複数の種類があるので、家を売ることを検討している人は事前に契約形態を知っておくと失敗を減らすことができるでしょう。今回は家を売る時にどのような契約形態があるのか紹介します。